アメリカのマナー・チップ

挨拶

ドレスコード

飲酒・喫煙
NYでは公園や公道など、公共の場所での飲酒および21歳未満の飲酒、酒代の購入は禁じられている。喫煙については、ホテルの喫煙ルームや喫煙テーブルなど特定のばい外は禁止なので、喫煙者は事前に確認を。

喫煙には厳しく、飲酒にも注意
ニューヨークをはじめとして、アメリカの多くの都市では喫煙については非常に厳しい制限が設けられている。ホテルのロビーや空港、レストランやバー、公園などでも公共の場所のほとんどが禁煙。ホテルも喫煙できる客質が少ないので予約の際は注意を。飲酒年齢については特に厳しく、21歳未満の飲酒は禁止。アルコールを購入する時はもちろん、レストランやバー、ナイトクラブ、ときには野球場でさえ、身分証明書の提示が求められる。常にパスポートを携帯したい。

チップ、テーブルマナー、その他、知っておいて損はないアメリカの基本的なマナーやエチケットについて。 別名“gratuity”、または”Service Charge”とも呼ばれています。

チップ

空港

タクシー
15–20% total fare
ホテル

ドアマン(タクシー)$1

レストラン

美容室

マッサージ・スパ、その他サロン

スポンサーリンク