一生に一度は行ってみたい!NYタイムズスクエアの年越しカウントダウン

タイムズスクエア・ニューヨーク
クリスマスも終わり、あとは新年を迎えるだけ。2017年まで残りあとわずかです。今日タイムズスクエアを歩いていたら、31日の大晦日のカウントダウンの準備が始まっていました。アメリカの年越しは日本と違ってゆっくり家族と一緒にお家で過ごすというよりは、恋人や友人たちと集まってパーティーをします。カウントダウンのあと、新年になった瞬間に最愛の人とキスをすることが恒例になっていて、テレビで恋人たちがハッピーニューイヤーといって、ハグやキスをしているカップルを見たことがある人もいるかもしれません。驚くことに恋人やパートナーがいない人でもそこに居合わせた人とキスすることもあります(もちろん嫌だったら断れます!)。

もしこの季節にニューヨークにいたら一生に一度は行ってみたい年越しカウントダウン。世界中から100万人以上ものひとが集まるといわれる大きなカウントダウンイベントです。行きたいと思っていても年越しギリギリになってタイムズスクエアに行っても簡単に入れるわけではないので、行く前に知っておきたい豆知識をまとめてみました。

NYタイムズスクエアの年越しカウントダウンの歴史

NYタイムズスクエアの「オフィシャルサイト」によると、タイムズスクエアでの年越しカウントダウンの歴史は1904年まで遡ります。この年はニューヨークに初めて地下鉄が通ったり、初めてタイムズスクエアで新年をお祝いしたなど、ニューヨークでは変化の大きい年だったようです。

タイムズスクエアには何時にどこへ行けばいいの?

31日は道のブロックごとに入れるようになっていて、NYPD(警察)が43丁目とブロードウェイの辺りから定員に達するごとにクローズしていくので、早く行けば行くほどカウントダウンの目玉Ball Drop(ボールドロップ)を近くで見られる場所に入れます。ただ一度入ってしまったら出られませんので、トイレに行ったり、椅子に座ったりすることができなくなります。その時の体調や状況から判断して行く時間を決めることをおすすめします。タイムズスクエアの入場エリアは6アベニューと8アベニューのみでそれ以外からは入れなくなります。

注意事項

前述したように、一度タイムズスクエアに入ってしまうとそこからでることができません(もし同じ場所に戻ってこないならば出られます)。ニューヨークの冬は寒いので、しっかりと防寒していきましょう。ちなみに31日の最低気温は今のところマイナス1℃だそうです。

また、お祝い事なので、新年をお酒で乾杯しながら迎えたい気分になりそうですが、ニューヨーク市では野外での飲酒は法律で禁止されていますので、くれぐれもお酒は外で飲まないように。

もしタイミング悪くタイムズスクエアに入れなくても、セントラルパークでは新年を迎えた瞬間に花火が打ち上げられるので、十分楽しく新年を迎えられると思います。

NYタイムズスクエアのオフィシャルサイト
http://www.timessquarenyc.org/index.aspx

スポンサーリンク

お仕事のご依頼・ご相談・お見積り

お問い合わせはこちら

デジコスコープができること

サービス内容はこちら